QLOOKアクセス解析 1日一食ダイエットなんてできるの~ | 簡単ダイエット方法、美容、ビューティー情報のおまとめ

1日一食ダイエットなんてできるの~

いろんなダイエット方法がありますが、

今回紹介するものは、なんと、1日たったの1食だけとり、

朝と昼は、何も食べないっていうものです。

 

この方法を考えたのは、医学博士でもある南雲吉則さんという方です。

 

私は、病院の先生って朝昼晩としっかり食事をとりなさいっていう方が多い中

なんと、この先生は、人は、1日1回食事をすれば、健康的にダイエットが

できる、と言われいるんです。

 

はたしてこんなことができるんだろうか、栄養不足でフラフラになってしまう

のでは、って思ったのですが。

 

でも、あることを思い出しました、

私は、中学、高校、大学と朝食をとったことが無かったんです。

 

朝、食事をする習慣がなかった、というかそうなってしまったんです。

 

それは、中学生の時の話になります。

私は、朝食をとると、必ず学校で大便がしたくなってしまう状態だったんですね。

 

っで、学校でトイレに行くのが嫌で、朝は、ご飯を食べるのが嫌で、

でも、今考えると、朝食抜きでも、しっかり歩いて学校に通っていましたし

体育もそれなりに頑張っていました。

 

おなかも減ってなかったですね、それよりもトイレに行かなくてもいいのが

嬉しいくらいで。

 

おかげで、中学から、大学までの間、かなり痩せていました。

「ごはん、ちゃんと食べてる」って人に言われるくらい(・_・;)

 

南雲先生によると、江戸時代より以前は、日本人って3食、食べてなかった

そうです。

 

また、もっと昔、原始時代のころは、1日3食という習慣もなく、お腹たすいたら

食べていたのではないかと。

 

先生は、35歳の時、お父さんを無くされて、精神的なストレスから、

めちゃ食いをするようになったんです。

 

そして、1年ほどで15キロも太ってしまったんです。

もともと便秘だった先生は、トイレでいきむと、不整脈がでるようになって

しまったんですね。

 

そして、メタボ状態に。

 

そのために、トイレに行くことさえ怖くなってしまったそうです。

 

それで、ダイエットの必要性を感じ、いろいろ頑張ったそうです。

しかし、どれも長続きしなくて悩んでいたわけです。

 

先生は、栄養の取りすぎがメタボの原因と信じ、食事を1日1食にしたんです。

 

この飽食の日本で、餓死することはない、むしろメタボになることで、

動脈血栓が始まりだし、動脈硬化、血栓になると動脈溜ができ、

それが破裂すれば死が。

 

長生きするには、ダイエットは必須だなと考えたんですね。

まず、野菜中心の食事に変えたそうです。

 

野菜中心の食事によって、食物繊維を摂取することができ、

便通が良くなりました。

そして、体臭も消えて行ったということです。

 

どうも、動物性の脂肪が身体に付き、それが酸化して過剰化脂質というものに

なるそうです。

 

その脂質が、体臭を強くするわけです。

 

便通もよくなり、体調もよくなって、先生は、1日1食というダイエット法を

始めたんです。

最初は、お腹がすく状態に耐えないといけなかったんですが。

 

数ヶ月もすると、お腹が減らなくなるようです。

習慣ですね。

 

私も今現在は、3食たべていますから、朝、昼、晩とお腹がすいてきます。

でも、中学から、大学生の間は、朝、まったくお腹がすかなくて、むしろ

朝食を用意されると、吐き気がするくらいでした。

 

なんか先生が「1日1食」 実践できたのもわかる気がします。

慣れてこれば、食べなくて済むようになるんです。

 

10年ほど、それを続けてきても、病気1つしなかったそうです。

また、人間ドックで血管年齢が26歳といわれるくらいに若返ってしまった

そうです。

 

1日、1回の食事ですか~

今の私にとっては、非常に厳しいダイエット法ですが。

 

う~ん、とりあえず、朝食を抜いて「1日2食」から始めてみようと思っています。

はい、明日から、挑戦してみます。

 

とにかく、南雲先生は、「1食たべれば、栄養は充分とれる。」と言ってみえますし

飽食の日本ですからね。

 

でも、体調が悪くなるようでしたら、やめます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人のプロフィール

ichigona002

管理人、いちごな の
プロフィール

 

所在地、岐阜県

2人の娘をもつ、主婦

 

ダイエット、美容関連に
興味をもち、ブログを
はじめました。

 

ダイエット、コスメに
関する情報は、私に
おまかせください
(#^.^#)

 

このページの先頭へ