QLOOKアクセス解析 EPAダイエットをするなら、特保のイマークSです | 簡単ダイエット方法、美容、ビューティー情報のおまとめ

EPAダイエットをするなら、特保のイマークSです

EPAダイエット イマークS

 

最近の研究で、人間の体内には、GLP-1という

「痩せるホルモン」が存在することが、

わかってきました。

 

この「痩せるホルモン」はどうすれば多量に分泌されるのでしょう。

それは、青魚にあるEPAという脂肪を摂取すればいいんです。

 

 

 

 

GLP-1という痩せるホルモンとは

 

今、アメリカでは、肥満の治療薬としてGLP-1が使われているんです。

つまり、アメリカの研究ではGLP-1よって痩せることができるという

ことが医学的に立証されているわけです。

 

残念ながら日本においていは、厚生労働省がGLP-1を肥満の薬

として認可をしてないのが現状ですが。(糖尿病の治療には使います)

 

しかし、GLP-1が肥満に効果があるのは間違いないです。

 

 

さあ、GLP-1という痩せるホルモンですが。

このホルモン実は、誰もが持っいるんです。

 

そして、食後必ずGLP-1の量が増えるように人の体はできています。

っで、このGLP-1の分泌量が多い人ほど、太りにくく、少ない人は

痩せにくいということになります。

 

何をどんだけ食べても太らないって人は、このホルモンが多い

可能性が高いと言えますね。

 

EPAを摂取すれば、痩せるホルモンGLP-1の

分泌量が増えるんです。

 

 

 

GLP-1なぜ、痩せるホルモンと言わるているのでしょうか

 

GLP-1は、あなたの脳を刺激して、これ以上食べれないよという命令を

脳に送り、人は食べ過ぎで体を壊さないようにできているんです。

 

GLP-1の分泌量が多いほど、脳への命令は強くなり、食欲を抑えてくれる

わけです。

 

また、GLP-1は、胃にも作用します。

食べたものが胃にたまり、ゆっくりと小腸に送ってくれるんです。

 

そのため、血糖値も急激に上がらず、ゆっくりと血糖値が上がり、

エネルギーとして、糖質がうまく使われます。

 

急激に血糖値が上がってしまうと、すべての糖質をエネルギーに交換

できずにあまった糖質が脂肪細胞なってしまい太る原因になります。

 

 

 

EPAによるその他の効果

 

血液中には、中性脂肪がたえず存在します。

しかし、肉や植物性の油をとりすぎることで、血液中の

中性脂肪が増えてしまいます。

 

過剰に増えると、あなたの血液は、いわゆるドロドロ血となって

体中をめぐり、血液中の中性脂肪が皮下脂肪や内蔵脂肪となって

しまいます。

 

その点、青魚の脂肪は、血中のHDLコレステロール(悪玉)を減らし、

LDLコレステロールを増やします。

 

また、中性脂肪も減らす効果があるんです。

そのため、血管に血栓ができるのを予防してくれます。

 

将来、脳血栓、脳溢血、心筋梗塞、心不全などの病気の予防も。

 

 

ニッスイのイーマークSは、このEPAを600㎎も含んでいるんです。

しかも、特定保健用食品として認定もされています。

 

通常、特定保健食品はけっこう価格が高いですよね。

今回、お試し価格ということで、

なんと、10本 1000円なんです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人のプロフィール

ichigona002

管理人、いちごな の
プロフィール

 

所在地、岐阜県

2人の娘をもつ、主婦

 

ダイエット、美容関連に
興味をもち、ブログを
はじめました。

 

ダイエット、コスメに
関する情報は、私に
おまかせください
(#^.^#)

 

このページの先頭へ